社会保険・労務管理等のご相談は当事務所にお任せください。 就業規則のあらゆるご質問にお答えします。 人事制度・労務管理のコンサルティングを通じ、企業の活性化と成長をサポートします。
  • TOPページ
  • 事務所案内
  • 業務案内
  • サービス/相談内容
  • よくある質問
  • 新着情報
  • プライバシーポリシー
  • 日本年金機構
  • 労働局

ご相談に対して正確でスピーディな対応がモットーです!社労士とFP(ファイナンシャルプランナー)の観点から満足される解決策を提案します!

会社に合った就業規則を作ろう!

  • 就業規則は会社と従業員の重要なルールブックです。
  • あらゆる労働紛争のカギは就業規則にあります。その事前対策として就業規則を確認してください。
  • 就業規則は労働基準法をはじめ雇用や労働に関するさまざまな法律に適合するように作ります。
  • しっかりした内容の就業規則は、それだけで会社を守ると同時に、従業員が安心して働けます。

よくある就業規則への質問

現在の法令対応の細やかな目配りが求められます。

  • 従業員代表の意見書は必ず添付するのですか。
    新規作成・変更、どちらの場合も従業員の過半数を代表する者の意見書を添えて、所轄労基署長に届け出ます。
  • 意見書がもらえない場合は届出できませんか。
    原則添付が必要ですが、もらえない理由を明記した文書を添え届け出て受理される場合があります。ご相談下さい。
  • 法改正を見落とし、古い内容ですが有効ですか。
    法律がどの業種・規模にも適用される場合は、それが強制適用になります。早急に適法に変更した届出をして下さい。
  • 正従業員のほか常用パート3名ですが就業規則が必要ですか。
    常時使用する従業員が10人以上であり、労働条件が異なれば、作成・届出が必要です。
  • パートタイマーの年次有給休暇はどのように決めるのですか。
    パートさんの年休は比例付与といって、一週間の所定勤務日数、時間によって定められています。
  • 慶弔金規程は就業規則として届け出るのですか。
    事業場のすべての従業員に適用される場合は、別規程としたときでも届出は必要です。
  • 賃金の引き下げは就業規則の変更でできますか。
    労働条件の不利益変更は、就業規則の変更だけではできません。原則、個別の同意が必要です。
  • セクハラ防止は就業規則に記述するのですか。
    会社の毅然とした姿勢を示すためには、防止規定を明記すべきです。パワハラ防止も同様です。
  • 退職後に不正が発覚した者の退職金を返還させたいのですが。
    その不正が、退職金不支給の懲戒解雇と就業規則にあれば、返還を求めることは可能です。

報酬額表

ご依頼内容 報酬料
就業規則に関するご相談 初回無料相談にて承ります。
就業規則の新規作成 人員規模により、〜200,000円(相談可)
賃金・退職金規定の新規作成 各〜100,000円(相談可)
賃金・退職金規定の新規作成以外の付属規程の新規作成 各30,000円(相談可)
安全・衛生管理等現業諸規程 別途ご相談
就業規則の変更 別途ご相談
社労士顧問料 別途ご相談
勤怠管理・給与計算 別途ご相談

新着情報

2017年7月24日 マイナンバー 情報連携の試行を開始
2017年7月24日 公的年金 70歳以降受給開始の選択案を検討
2017年7月24日 「脱時間給」政労使合意は先送り
2017年7月18日 中小企業の賃金上昇率が2年連続アップ
2017年7月18日 未払い賃金の時効「2年」見直しの議論開始
各種相談のご予約はこちら

Copyright (c) FP社労士総合コンサル事務所 All Rights Reserved.